ライブチャット~海外と日本~

 

ライブチャットは過激なアダルトサービスではあるが、局部のモロ見せはNGであるというのは知っていただろうか。

公然わいせつにひっかかるので、モロ見せは違法になってしまうのだ。

なのでチャットレディたちは、各々過激なパフォーマンスをしてくれはするものの、大事な部分はしっかりと隠している。まぁそこが焦らされている感じがして、なんともたまらないのではあるが、

しかし、ぶっちゃけると、2ショットチャットの方では普通にモロ見せが行われている可能性が高い。

というのも、2ショットチャット(テレビ電話をイメージするといいだろう)は二人っきりの空間であるので、実際にみせてしまってもバレることはないし、運営側もある程度黙認しているところはあるだろう。(事務所でチャット配信をしている場合は無理かもしれない)

ソープなどが暗黙の了解で本番行為ができるように、ライブチャットも2ショットチャットであれば、モロ見せなどは、第三者に映像が流れない限り全然大丈夫であると言える。

しかし、やはり違法ではあるので、イチモツの不安は残るだろう。

そこで海外のライブチャットが登場する。

海外のライブチャットは基本的にモロ見せOKである。

それに、試聴時間が長かったり、中には無料で見れる(コメントなどが有料)ライブチャットもあったりする。

海外なだけにかなり過激であり、日本のモノとはまた違った興奮が得られる。

また、日本のライブチャットが女性のみなのに対し、海外のライブチャットはカップル配信なども行われているところがある。

そう、外人の生のセックスをみることができるのだ。
これは洋モノが好きな人にとってはたまらないだろう。

ただ、海外であるので、意思の疎通はなにかと難しいところがあるだろう(その地の言葉を理解しているのなら別だろうが)

まとめると、

日本のライブチャットは局部モロ見せNGだが、女性とのコミュニケーションは密にとれる。つまりある種のアブノーマルセックスに近く、

海外のライブチャットは局部モロ見せはOKだが、言語的な壁があるので、どちらかというとエロ動画みたいに鑑賞よりのサービスとなるだろう。

ただ、ひとつ言えるのは、どちらもものすごく楽しくてエロいので、一度は経験してみるといいということだ。