ライブチャットで大金を稼ぐ女たち

ライブチャットとはパソコンを介して女性がキャバクラのような接待をしたり、ストリップのようなパフォーマンスをしたりするアダルトサービスだ。エロチャットとも呼ばれたりする。

ただお喋りするだけの子もいれば、なかなかに過激なプレイ(これをエロチャットと呼ぶことが多い)をしてくれる子までいて、実にたくさんのチャットレディがライブチャットでひしめきあっている。

ひとつのサイトで何十万という登録数があるのだから、ライブチャットという業界全体でみたらとてつもない数の女性がライブチャットに在籍していることになるだろう。

一方、ライブチャットはパソコンだけでなくスマホでも遊べるだけあって、世の男どもはこぞってこのライブチャットに金を注ぎ込んでいる。

画面越しで触れられないというものの、だからこそ感じる歯がゆいエロスが世の男どもを虜にするのだ。

ということで男性ユーザーの数も女性に負けじとかなり多い。というか、男性に数が圧倒的に多いだろう。

なので、チャットレディという職業は基本稼げると言われている。

しかし、全員が確実に稼げるわけではない。

サラリーマンの何倍もの額をさらっと稼ぐチャットレディもいれば、

いつまでたっても雀の涙ほどしか稼げないチャットレディもいる。

一体その違いはなんなのか。

顔か。はたまた魅惑のボディーか。
まぁそれらがあれば有利であるのは間違いないが、それだけではないとははっきりと言える。

稼げるチャットレディと稼げないチャットレディの違いは

努力を続けるか続けないかの違いである。

なんとも当たり障りのない、ありきたりな結論のように感じるかもしれないが、これがすべてなのだ。

稼ごうと努力し続けたものは月に何百万と稼ぐし、

とりあえず登録して、努力もせず簡単に稼ごう思っている人は全然稼げない。

努力と言っても様々だ。

自分をよく見せようと容姿を磨き続ける人や、コミュニケーション能力で圧倒的な接待力を見せる人、様々なテクニックを使う人、

過激にパフォーマンス(エロチャット)をする人、メールでこまめに固定客と連絡を取る人、実際に外であって固定客を作る人もいるだろう。

努力の仕方は人それぞれだが、それを続けることによって大金を稼いでいるのは間違いない。

そんな彼女たちの涙ぐましい努力が、がっちりと世の男どもの財布を掴んでいるのである。

たまにライブチャットで働く女性をバカにする輩もいるが、そういうやつに限ってたいした努力をしていないだろう。

筆者はライブチャットで大金を稼ぐ女性たちを尊敬している。

これからもそのたゆまぬ努力を続けて、我々男どもを魅了し続けてほしい。